2007年06月24日

ニンニク歴史


★黒ニンニク最新情報★


ニンニク歴史

原産地は中央アジアと推定されるが、すでに紀元前3200年頃には古代エジプトなどで栽培・利用されている。

日本には中国を経て8世紀頃には伝わっていたと見られる。

日本では江戸時代、その臭気により公家・武士階級では食べる事を禁止されていた。

ニンニクが広く食べられる様になったのは明治以降になってからである。


食材としての活用

中国料理では、球根のみならず葉や茎(いわゆる「ニンニクの芽」)も香味野菜として利用される。

その他韓国料理、イタリア料理、フランス料理など、さまざまな料理に用いられる。

中華料理・イタリア料理などでは、油が冷たいうちにニンニクのみじん切りを入れて弱火で炒めるのがコツである。

火が強すぎるとすぐに焦げてしまう。
【関連する記事】
posted by ニンニク at 14:12 | TrackBack(0) | にんにく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45772617
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。