2007年06月24日

ニンニク臭について


★黒ニンニク最新情報★


ニンニクの栄養主成分には、アリイン、クレアチンなどがあるが、これらは元来は無臭である。

ところが刻んだ際に細胞膜が破れ中からアリナーゼなどの分解酵素が出て栄養成分を分解しアリシン・アリルスルフェン酸といった成分に変化する。

これらが独特な臭いのモトである。これを防ぐためには、食後に緑茶を飲むと良いとされる。

これは、緑茶の成分であるカテキンの殺菌、消臭効果による。また、牛乳やコーヒーを飲むのもよい。水を飲むだけでも一定の効果があると言われている。

なお、近年エジプト産のニンニクをもとにして、品種改良の結果無臭ニンニクも流通している。


栄養学的要素

ニンニクは滋養強壮の効果があり、栄養ドリンクや健康食品、一部の薬品にも使われる。

生のニンニクの強烈な香りと辛味は、刺激が強過ぎて胃壁などを痛める場合があるが、この症状もアリインの影響といわれる。
wikipedia
【関連する記事】
posted by ニンニク at 14:20 | TrackBack(0) | にんにく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。